アドベンチャー 1

1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |   [151]次へ≫
女子校生淫愛思春期 ヒミツな放課後
だんだんと女らしくなっていく義妹・美柚に戸惑いつつもこれまでと変わらない関係が続いていた。しかしある夜、雷が怖くて抱きついてきた美柚とキスしてしま...
つづきを読む
ご奉仕喫茶~天使にお任せ~かおり編
昼を回っているにも関わらず、小鳥のさえずりで目が覚めた。もう何度も見た同じ夢。いないはずの姉の記憶。未だにそれが抜け切らないのか、不定期的に夢で見...
つづきを読む
ご奉仕喫茶~天使にお任せ~あいり編
朝の陽射しが目に眩しい。変わらない日常と変わらない朝。そんな毎日を繰り返し、少しづつ変わっていくことに違和感を覚えながら、眠り足りない脳を覚醒させ...
つづきを読む
MinDeaD BlooD~支配者の為の狂死曲~
本土西端の海上に建設された人工都市「千砂倉」――。それはバブル絶頂期に計画され、そして頓挫した一大アミューズメントパークを利用し、高級リゾート地とし...
つづきを読む
幻月のパンドオラ
相坂文樹はちょっとばかりゲーム好き・妄想好きではあるけれど、ごく普通の一般的男子…のつもりだった。春休み最後の日、達成感やコミュニケーションをゲーム...
つづきを読む
魔女狩りの夜に DVG for Windows DL版
中世ヨーロッパを思わせるとある世界。そのとある田舎町にある教会に、新たに赴任してきた神父が主人公である。神父という立場にありながら、神への信心など...
つづきを読む
姉妹妻3 ~仕舞妻~
主人公・伏見健太(ふしみけんた)は、探検家の父と海洋冒険家の母に育てられ、彼らのアグレッシブな生活を反面教師とした結果、雅や侘び寂びの世界に憧れる...
つづきを読む
アルゴノーツ
遥か未来、人類の生活圏は完全にサードポリスと呼ばれるスペースコロニーに移っていた。もはや人々は「地球」という存在すら完全に忘れ去ってしまった。この...
つづきを読む
姦淫特急 満潮 -悪夢の三週間-
特急列車『満潮』。日本全土を北から南まで三週間以上かけて縦断する、速度よりも快適さを最優先させたサービス重視の寝台特急列車だ。ありえないほどにのん...
つづきを読む
極嬢監禁らいふ!~男は黙ってご奉仕なさい~
主人公の貴博は天涯孤独のフリーター。元来の性格の良さから、周りの大人や友人に騙され続け、背負った借金がなんと1千万円。借金取りに捕まったところを、た...
つづきを読む
風ヶ原学園スパイ部っ!
風ヶ原学園に通う主人公・有馬杏一郎は、奇妙な部活に所属していた。その名はスパイ部。部室棟の一角を占拠して活動を繰り広げる、非公認団体である。統率力...
つづきを読む
ふしぎ電車
駅前の酒場で酔いつぶれて目を覚ました主人公。そこはふしぎな路面電車が走る、ふしぎな町だった。不条理に満ち、常識では考えられない町。「お客さん、どち...
つづきを読む
き・ず・な
藤野良は、同じクラスの山谷友則が姉の美江と付き合い始めたので複雑な気持ちになった。友則は女の評判が良くなかった。良は美江をとめるが、姉に対する弟の...
つづきを読む
妖淫の館
物心ついた時から、僕は暗い地下室で過ごしていた。でも、世界はもっと明るいのだということを知ったのはそう昔の話ではなかった。1年前、僕を地下に閉じ込め...
つづきを読む
黄昏のエレジーア -Divus Rabies Zero-
天才魔道士“ミハエル”――長きに渡る研究により会得した、失われし古き禁呪の数々!禍々しくも強大な力を手に入れたミハエルは、「この世界の征服と自らによる...
つづきを読む
怪奇!ドリル男の恐怖
“雪乃”“葉月”“彩花”の3姉妹は、楽しい旅行の途中で道に迷ってしまった。目的のペンションは見つからず、日も落ち始め、雨まで降ってきた。そこへ、渡りに船の...
つづきを読む
虹を見つけたら教えて。
…ヒトのココロは、どんなカタチをしているの?俺は哲学者でなければ教育論者でもない。俺の専門分野は『心理』じゃなく『技術』の方だし、知識もそれに準じて...
つづきを読む
偽りの絆
外から見れば、ごく普通の幸せな家族に見えるだろう。だが、その家庭にはある秘密があった…。 病弱な穂乃化は、自分を避けているような姉よりも、自分が幼い...
つづきを読む
ザ・面接~内定欲しけりゃ 分かるだろ?~
零細芸能会社『881(ハッピー)プロ』の社長である主人公。芸能界の汚れ仕事を担う彼の密かな楽しみは、仕事を求めてやってくる女性たちに職をチラつかせ、セ...
つづきを読む
姉妹妻2 ~あなたと見た桜~
主人公「相葉一成」は近所付き合いのあった森尾家の次女“菜々子”に少年時代から憧れを寄せていた。大学受験に失敗した一成は、都内の予備校に通うため故瑛一...
つづきを読む
1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |   [151]次へ≫