SPINDLE 1

催淫調教縲恆キの身体はみんなの玩具縲鰀
「本日は誠にご乗車ありがとうございます、次の駅は――」窓の外には、見慣れない風景。今まで住んでいた都会では、見たことがない景色。隣の車両に人影は見え...
つづきを読む
ナマイキJKに復讐の性活指導
江藤真一(エトウシンイチ)は学園の教師で、生活指導も兼任しています。基本的に真面目で素直な生徒が多い学園ですが、どこにでも例外がいるもの。それは、...
つづきを読む
隣妻 縲恍級コがりの背徳搾取縲鰀
「ウチの旦那はホントにダメ。もう3年くらいセックスしてないもの」「そんなに?亜希さんのところは大変だね」堤野亜希さんと衣原さなえさん。俺が住んでいる...
つづきを読む
悦楽剤 縲恊l妻は媚薬で母乳を垂れ流す縲鰀
「いいえ。あの子、まだ帰ってきてなくて……ほんとにごめんなさいね」大学に入ってから、僕は家庭教師のアルバイトを始めた。その派遣先『楠家』。僕の担当す...
つづきを読む
牝贄プロジェクト
鍵を開けてロッカーの扉を開く。そこには手足を縛られた女がいた。「気分はどうかな?」「んんーっ!」こっちを見上げて睨み付けてきながら、盛んに声を出し...
つづきを読む
モン娘ハート縲恪・クされるは世界のためっ!?縲鰀
視界の隅で何かが光った気がした。立ち止まりそっちを見ようとして。突然、目の前が真っ白になって何も見えなくなった。と、思ったら、急に人の気配。そして...
つづきを読む
母娘肛姦 縲恷рフお尻に染みついていく雄の匂い縲鰀
私は、身も心もうちのめされて、ぐったりとなっていました。膣穴と肛門とからあふれる精液の感触が、おぞましくて仕方がありません。そんな私に、母は一瞬だ...
つづきを読む
放課後野交授業 美貌母娘の特別レッスン
「よく似合ってるよ」「本当?変じゃない?」「大丈夫。全然変じゃない」「そう……良かった」「それにしても凄い濡れてるね」「あん、だって……」とある夜の公...
つづきを読む
少女洗脳
「はぁ……はぁ……。や、やってしまった……」ここは、とある廃工場。その一画に作った監禁部屋で、僕は荒い息を吐いていた。血走った目で見つめる先にいるのは一...
つづきを読む
近親母姦 縲恪。日もまた、お母さんがぼくを求めてくる縲鰀
ベッドに横になりながらなかなか寝付けないでいると、小さな音を立てて部屋のドアが開いて誰かが入ってくる気配がした。「……孝行ちゃん、起きてる?」お母さ...
つづきを読む
イジめてあげるッ!
僕が成人し職に就いてからしばらくして、父から外食に誘われた。レストランの個室で待っていたのは、美しい女性と可愛らしい双子少女。『彼女と再婚しようと...
つづきを読む
ママの友達は蜜の味 縲恣熄盾フ童貞教育縲鰀
「そうだ。薫くんもお茶会に来ない?」僕こと関島薫は、今日、急な仕事で飛び出したママの変わりにお隣のお茶会に参加することになった。「さあ、どうぞ。散...
つづきを読む
お嬢さまは電車内で堕ちる 縲恍ハ勤時間でイキ孕ませる!
(おっ……。今日は……ついているな)月曜の朝は慢性的に憂鬱だ。休みだった前日をまだ引きずっていて、仕事へのやる気が起きない。ぎゅうぎゅう詰めの電車内で...
つづきを読む
妹乳すきゃんだる 縲怦、でてよ、お兄ちゃん縲鰀
「この変態バカ兄貴いいぃーーーーっ!」バチーーンッ!「あ゛あ゛ぁ……えらい目に会ったな……」脱衣所で妹のすみれの裸を見てしまった。俺があいつにお宝DVDを...
つづきを読む
隣妻2 縲恤vじゃできないこといっぱいシて縲鰀
「僕の部屋に来ます?」どしゃ降りの雨。マンションのお隣さんがびしょ濡れのままバッグの中をまさぐっていた。彼女は自身の部屋へ入ろうとしない…いや、入れ...
つづきを読む
みこみこ☆ちぇんじんぐ
『赤は望みし体型を作り、青は戻すもの。これできっかけを掴むといい。ただし、赤きもので作りしは偽りのもの。使い方を侮ると取り返しのつかないことになる...
つづきを読む
ママは同級生 縲怩ꀀなたの父親だけじゃ満足できないの縲鰀
「ねぇ祥平。最近授業中に眠ってばっかじゃん。ダメだよ、ちゃんと授業受けなきゃ」余裕たっぷりの笑みを浮かべる美唯奈に見つめられ、視線を逸らす。なんだ...
つづきを読む
僕と2人のご主人様 縲恤ロ険医と同級生の危ない性癖縲鰀
真っ暗闇の中、昼間はごく普通に通っている学園の保健室のベッドに縛りつけられて、俺の『ご主人様』を待ちながら、荒い息に呻いている。あれから、どのくら...
つづきを読む
母が白衣を脱ぐとき 縲彿f縲鰀
ここは病院。つっても何かしらケガをしたわけじゃない。俺の親父がここの偉いさんなもんだから、こうして遊びにきてはイロイロ楽しませてもらってるだけだ。...
つづきを読む
エッチなお姉さんがホームヘルパーになったら
「今日からホームヘルパーの人が来るから、よろしくねー」「ああ、うん……」ホームヘルパー、いわゆるお手伝いさんなんて、うちには必要ない。僕としては、ま...
つづきを読む