HAPPY FISH 1

1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |   [14]次へ≫
HAPPY FISH 福島涼子
去年の4月に会社を辞め、現在もオレは無職で仕事がない。無職ですることがないので、昼間から出会い系サイトで遊んでいたところ、こんな無職のダメ男の為に働...
つづきを読む
HAPPY FISH 小倉留美
クランケの名前は「小倉留美」といった。初診は内科のK先生…女癖の悪さは相当な奴…Kの本当の顔は単なる野獣といっても過言ではない。ある日、Kは「小倉留美」...
つづきを読む
HAPPY FISH 小川朋美
俺はこの半年、ずっと彼女を見ていた。彼女は気づいていなかったけれど、学校に行くときは同じ電車の車両にいたし、休日は家が見えるところで張って、外出す...
つづきを読む
HAPPY FISH 内田奈美
昼間とはいえ、こんな人気の無い浜辺でひとりぶらぶらなんかしてる方が悪いんだ…。窓越しに、あの制服姿の女を最初に見つけた瞬間、俺とタカシとミツルの気持...
つづきを読む
HAPPY FISH 浜田優
浜田優という女の正体を知りたいと、俺は思った。あの女は、いつも無垢な笑みを浮かべている。浜田優みたいに、いかにも「私は何も知らない清純な女子校生で...
つづきを読む
HAPPY FISH 村瀬茜
実は、昔からやってみたいことがあった。それは、自分の愛する彼女をが他人に犯されていることを見てみたいという、そんな屈折した願望。僕にとって大切な「...
つづきを読む
HAPPY FISH 斉藤裕子
斉藤裕子…彼女は本当に運が悪い女だ。俺達は、白昼堂々その女を拉致した。そして、もがき苦しむ彼女を羽交い絞めにして、用意していた車に押しこんだ。口にガ...
つづきを読む
HAPPY FISH 長澤里佳
卒業式を目前に控え、俺は仲間とある計画を実行した。クラスメイトの長澤里佳をマワすのだ。その前に言っておきたいのは性癖についてだ。俺はセックスのとき...
つづきを読む
HAPPY FISH 藤井彩
ここは聖ジュ○アン学園。ミサの時間を繁華街でサボっていた彩は、当校の指導員に見つかり、校長室に連れてこられた。彼女は、私に注意を受けても、小生意気な...
つづきを読む
HAPPY FISH 三上恵美
年中頭の中がミニ●ニ以下のこの女。抵抗する恵美の体を抑え、口を塞いで車の中に押し込み、あっという間に俺らのテリトリーに到着した。さぁ恵美ちゃん、これ...
つづきを読む
HAPPY FISH 佐藤円華
ある夏の日、友達からメールが入った。「今、俺んちの別荘で暇潰してるんだけど、そろそろ飽きてきたし、女調達したいし、お前知り合いに丁度いい子いない?...
つづきを読む
HAPPY FISH 飯島美穂
街行く女のコを引っかけるのなんて、とても簡単なことだ。飯島美穂もそんな一人だった。俺はいつもの手口で、彼女に近づいていった。「もしかして、どこかの...
つづきを読む
HAPPY FISH 青山千夏
千夏はどこにでもいる普通の女子校生だと、あの時まで俺は思っていた。ある日、先輩から千夏の事を聞いたが、俺には信じられない話だった。先輩と千夏は2・3...
つづきを読む
HAPPY FISH 水島真樹
世の中、随分とウマイ話があるものだ。後輩から3Pの誘いがあり、そんなバカな誘いがあるかと行ってみると、目の前には、制服姿の可憐な女子校生が本当にいた...
つづきを読む
HAPPY FISH 青木夏海
幼い頃に両親を失った私を引き取り、育ててくれたのが叔父さんでした。ちょっと偏屈なところのある人ですが、私には優しく接してくれましたし、私も叔父さん...
つづきを読む
HAPPY FISH 佐々木瞳
「瞳」は俺の幼なじみだ。その瞳がある日、凄く真剣そうなというか、覚悟を決めたような顔で俺の前にやってきたんだ。「私、Mなの。前、付き合っていた彼氏が...
つづきを読む
HAPPY FISH 上野優子
我が校OB達による調教実習も、次第に熱を帯びてきた。あんなにも、やる気のないチンポをしていた俺の元教え子達が、こんなにまで輝けるなんて…。俺は、不覚に...
つづきを読む
HAPPY FISH 藤森絵梨
早春、桜のビラビラが美しいピンク色に染まる頃、オレは一匹の子猫に恋をした。あの日、行きつけの、M女募集の掲示板で、彼女の写真を見た時、天啓っていうの...
つづきを読む
HAPPY FISH 橋本美久
オッス!オラ、極右(ゴクウ)だ!別に、右翼な訳でねえ、単なる名前だ!そんなオラが、今回は清純な女子校生を騙して輪して喰っちまおうちゅーんだから、世...
つづきを読む
HAPPY FISH 杉山恵美
魅力的な肉体へと成熟していく恵美の中に、女の匂いを見つけはじめた時、思春期を迎えていた俺達は惨めなくらいに悩ましげなキモチになったものだ。何度夢見...
つづきを読む
1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |   [14]次へ≫