新世紀文藝社 1

1 |  2 |  3 [3]次へ≫
あぁ無情 尼僧出家の未亡人
昭和28年1月の京都。ミロク銀行の頭取で元華族の夫が東南アジア復興の投資事業に失敗して自死。残された美貌の妻・?子(あきこ)と義息子の元を菩提寺の住職...
つづきを読む
一夜の過ちに溺れる不倫妻
人妻たちが一人出かけた温泉宿で、行きずりの男と一夜を共にする不倫旅行ドラマを8話収録…夫との何年にも及ぶセックスレスで欲求不満が溜まった人妻たち。何...
つづきを読む
下宿屋の後家さん 個人教授
自動車修理工場に就職した工業学校出の若者・三郎が、社長の世話で小唄の師匠の下宿屋に住む事になる。彼女は四十路を過ぎた美人の後家さんで、地方出身の純...
つづきを読む
義母の誘惑 息子の友達を…
友達の新しいお母さんはとても綺麗で魅力的だ。その魅力的な義母と友達は近親相姦の関係にあるらしい。その禁断の関係を知った僕はたまらなく興奮し、僕も友...
つづきを読む
白昼の白い乳房
妻が夜の相手をしてくれなくなり、私は日々悶々と生活していた。そんな時、妻の母、そう義母が私を誘惑するかのように淫らな肢体を見せた。最初は戸惑いなが...
つづきを読む
官能小説 人妻女教師の疼き
欲求不満の人妻家庭教師が白昼、予備校生を自宅に呼んで授業と称した筆下ろし講義。巨乳の塾講師が若い男に疼いて、堪えきれずに自宅に連れ込み誘惑。大学の...
つづきを読む
夜這い淫話 闇に濡れた蜜壺
夜の闇を這い女体を目指す男たち。それは叶わぬ思いを遂げるためか、あるいは欲望に突き動かされた衝動的なものか。未亡人、兄嫁、義理の娘…。闇に潜む男と女...
つづきを読む
他人棒に寝取られた未亡人
官能小説を彷彿させる描写で「15人の未亡人」を様々な角度から鬼才が斬り込む。喪に服す妻が偲ぶは亡き夫だが、熟れた身体の疼きに抗うことは出来ず、行きず...
つづきを読む
美しく淫らな友の母
人妻のいけない情事4話。息子達の若い性欲と母達の熟れた欲情がひとつになり快楽の世界へ、ダメと思いながらも息子の親友に体が疼いてしまう母親。超えてはい...
つづきを読む
熟年同窓会 初恋の人と再会
どこか懐かしさを感じる6〜70年代風昭和レトロな世界観にこだわった新レーベル「新世紀文藝社」。数十年ぶりに同窓会に集まったメンバーの人間模様と性癖を描...
つづきを読む
母子性愛 歪んだ欲望の虜
欲望の渦に呑まれた8組の母と息子。慎ましやかに暮らす二人暮らしの母子に起きた愛欲の官能ドラマ。今、絶対超えてはならなかった一線を越えてしまった母と息...
つづきを読む
淫虐レイプ 傑作短編集
公衆便所で、自宅に押し入られ、保健室で、病室で、葬儀場で…女たちのふとした油断につけこみ行われた強姦事件簿。無残に犯された女たちの悲鳴が響きわたる。...
つづきを読む
欲情家族 堕ちた母
五十路の女たちを取り巻く人間関係を究極的にエロチックに描いた秀作をセレクトした、大人のための官能ポルノ。事実は小説よりも奇なりエロチックなオムニバ...
つづきを読む
団地妻 昼下がりの秘め事
夫と死別して数ヶ月、自慰で自らの性欲を満たしていたのに…恥ずかしい姿を義兄に盗み見られてしまった。旦那がリストラ。お金を稼ぐにはカラダを売るしかなか...
つづきを読む
奥さんのカラダは犯罪だ…
近所で評判の良妻。でも実はセックス依存症の淫らな奥様だった。自慰だけで我慢できなくなった時…。誰もが羨む良妻。彼女にはもう一つの人格があった。均整の...
つづきを読む
母のてほどき 近親慕情
母もオンナ…息子もオトコ…。逞しく成長した息子の肉体に、オンナの血が疼き、すべての愛情を注いできた息子に異性を感じてしまった母親の欲望。この子が欲し...
つづきを読む
人妻艶情 〜時代に逆らった背徳の不貞妻〜
「どうしようもない程、あの人を好きになってしまったの。あなた許して、私はいけない女です…。」貞操を重んじ、男尊女卑が普通だった遠き頃、一目を忍んで肌...
つづきを読む
万引き妻 青木玲
元ミス○○な経歴を持つスレンダーな美人妻の玲。そんな玲の悪い癖が「万引き」だった。昔からの手癖が今でも続いており、ダメだと分かっていても「スリルが堪...
つづきを読む
おばさんが犯してあげる…
熟女の筆おろしは甘く優しく…「少しずつ味わいながら頂きましょ。だって…童貞なんて滅多に食べられないご馳走なんですもの」。一から十まで優しく手ほどきし...
つづきを読む
凌辱された貞操妻
恥辱にまみれ快楽に堕ちてゆく貞操妻を描いた長編2作。【第1編】隣の貞操妻に催淫薬を飲ませ快感に抗えない身体へと作り変えていく異常な物語。葛藤する心と...
つづきを読む
1 |  2 |  3 [3]次へ≫