女体探究凌辱研究所 1

美人妻武道家 巨尻肉徹底嬲り
近所で子供達に拳法を教える美人インストラクターを「夢売り屋」にたのんで拉致してもらい、凌辱の限りを尽くす中年のオッサン。熟れた体の匂いをかいだり、...
つづきを読む
襲われた人妻~恐怖の押し売り~
結婚して3年、夫とのセックスレスな生活が2ヶ月続いていたが、西沢尚美は、主婦としてそれ以外は不満もなく平凡に過ごしていた。だが、刑務所から出所してき...
つづきを読む
エアロビ奥様凌辱強姦
ムチムチボディーの百合子奥様は刺激の欲しい浮気性の奥様だが、淫乱コーチの誘いを断ったのが運の尽き。変態コーチの恨みが、百合子奥様の熟れた乳房に…尻に...
つづきを読む
夢売り屋
上品な人妻を…出来ればウンとセレブの美人妻を…自由に嬲り緊縛してではなく…嫌々泣きながら言う事を聞く人妻にあらん限り屈辱を味合わせて、血が出るまで犯し...
つづきを読む
古びたアパート
都内の下町にある、古びたアパート。築40年のそのアパートに越してきた、中年の訳ありげの子持ちの美人。でかい乳と巨大なケツをしたその奥さんを、邪悪な罠...
つづきを読む
熟れた人妻の身体に背徳の契約が刻まれる…
全ては愛する夫を救うため…。美人妻の裕美が取った行動は、その熟れた身体を変態男に捧げることだった。古びた汚いアパートの一室で、変態男の玩具となる裕美...
つづきを読む
新・狙われた美人妻 ~変質者の餌食~
とあるスポーツジムに通う美しい人妻「奈津子」は、インストラクターの木村という男からストーキングされ頭を悩ませていた。そんなある日、更衣室で帰りじた...
つづきを読む
レイプ屋本舗 GO姦マン 姫川りな 陽田まり
彼はレイプ屋…依頼されればどんな女もレイプする強姦魔だ!名づけて“GO姦マン”…今日もこの大都会で、人生に行き詰まった心の寂しい者が彼を訪ねるのだった。...
つづきを読む
年の離れた夫、熟れた肉体を持て余す美しき若妻…
押しも押されぬ名家、西京寺家。使用人として働く吾郎は、西京寺へ後妻として嫁いできた静香に叶わぬ恋心を抱いていた。思いを胸にしまって、吾郎は静香に献...
つづきを読む
美人秘書に常務の邪悪な牙がむく!
美人秘書に常務の邪悪な牙がむく!堕ちた秘書に救いの手が差し込むが…。唯一の光でさえ、薄っすらと消え行く。陵辱と言う言葉とともに。
つづきを読む
欲望に襲われる若妻、献身の精神が招く凌辱の連鎖
引越ししたての村松清美と良徳夫婦。新居での生活に期待を膨らませている二人の家に、町内会長の児島正隆が町内会への誘いでやってくる。ローン返済のため、...
つづきを読む
婚約者の父親に見初められ淫靡の餌食となった美人OL
キャリアウーマンとして働く涼子。会社では、部下の男性社員たちを使って、バリバリ仕事をこなしていく。ある日、颯爽と歩き、出勤している涼子を物陰から追...
つづきを読む
若妻監禁、歪んだ愛情の果て…
結婚して3年。少し年の離れた夫婦、忠夫と真由子にはほとんど夫婦関係が無く、忠夫も地味すぎる真由子にはほとんど興味を示さなくなっていた。浪人生・茂樹は...
つづきを読む
和服京美人凌辱 後編
悪徳金融業者の斉田の罠にはまり、貞操を奪われ、見知らぬ男たちが見ている前で凌辱され続ける、老舗呉服店の美人女将・雅子。その雅子に、ついに肉汁拷問機...
つづきを読む
美人女小説家、熟れた女体を持て余し…
新人の女流官能小説家「みさき」は締め切りが迫る切迫した状況の中で嫌味な担当編集者をヒントに女流小説家と担当編集者とのインモラルな関係を思いつく。淫...
つづきを読む
禁断の部屋で、雌と化していく昼下がりの妻…。
それは、のどかな昼下がりに起きた。家路へ向かう慶子の前に現れた不審な男。すれ違いざま、慶子の尻に男の手が伸びる。男は、白昼堂々慶子を抱きしめてきた...
つづきを読む
淫らな野獣に翻弄され続けた悲しき雌の生殖器。
早川貴枝の恋人、北岡和也は売春クラブを捜査中に行方がわからなくなる。後日の新聞記事には「公安刑事!北岡和也自殺!」との見出し、心配で自ら売春クラブ...
つづきを読む
セレブな社長婦人は、工員達に性の玩具にされ続け…
セレブな社長夫人に、工場の男達が襲い掛かる!工場の閉鎖に抗議するべく、工員の男達が取った行動は、社長の妻を陵辱することだった。何も聞かされていない...
つづきを読む
可愛いOL肉汁調教
OLの真代は会社のお金の使い込みがバレてしまいそれをネタに同僚の薄汚い中年男に変態的なセクハラを受けるはめに…。始めは男の要求を拒んでいた真代だったが...
つづきを読む
婚約者の親友に監禁され心と体を引き裂かれた美人OL
会社のマドンナ、早乙女洋子が他の男と結婚する――。陰ながら洋子に強く愛情を抱いていた豊後大介は、失意とともにその話を知ることとなる。洋子への執着心が...
つづきを読む