コスモ・コーディネート 1

船乗りシンドバッドの冒険
シンドバッドを主人公にした映画は、過去にも何作か製作されているが、この作品は、ダグラス・フェアバンクス・ジュニアが父親にまけない活劇を魅せる1946年...
つづきを読む
三つ数えろ
名探偵フィリップ・マーロウが難事件を解決するレイモンド・チャンドラーの小説『大いなる眠り』の映画化作品。ロバート・ミッチャムやジェームス・ガーナー...
つづきを読む
孤児ダビド物語
孤児ダビド物語。チャールズ・ディケンズの長編小説「ディヴィッド・コッパーフィールド」の映画化で、幼くして父を亡くし、母親にも他界された少年ディヴィ...
つづきを読む
コレヒドール戦記
ジョン・フォードの戦後監督復帰第一作目であり、第二次世界大戦において、敗色濃厚なフィリッピン前線でのアメリカ兵の悪戦苦闘ぶりを描いており、アメリカ...
つづきを読む
暗殺者の家
ヒッチコックを名実ともにサスペンス映画の巨匠に押し上げていく契機となった作品。1956年に「知りすぎていた男」として、ヒッチコック自身で再映画化してい...
つづきを読む
栄光何するものぞ
1926年にも一度映画化されたマックスウェル・アンダーソンとローレンス・ストウリングスの共作舞台劇の再映画化であり、監督は「駅馬車」「黄色いリボン」等...
つづきを読む
太平洋作戦
リバイバル上映された際に、「太平洋航空作戦」という題名に変更されたが、同じ映画である。戦闘シーンの大部分を実際の戦闘の記録フィルムを使用している為...
つづきを読む
サムソンとデリラ
1950年度のアカデミー賞において、美術監督賞、美術装置賞、衣装デザイン賞を受賞した作品。スペクタル映画の巨匠セシル・B・デミルが本領を発揮した大スペク...
つづきを読む
緑色の髪の少年
緑色の髪の少年 反戦映画の名作として評価の高い作品でもあり、公開当時は、映画を公開することすら問題になった作品で、「窓」「暴力行為」の製作者でもあ...
つづきを読む
三人の妻への手紙
1949年度のアカデミー賞において、ジョセフ・L・マンキーウィッツが監督賞と脚色賞を受賞した作品。三人の人妻が遊覧船でピクニックに出掛ける寸前に、それぞ...
つづきを読む
黄金
1948年度のアカデミー監督賞・脚色賞・助演男優賞(ウォルター・ヒューストン)、ヴェネチア国際映画祭の音楽賞(マックス・スタイナー)、ゴールデン・グロ...
つづきを読む
イヴの総て
1950年のアカデミー賞を独占した作品。作品賞、助演男優賞(ジョージ・サンダース)、監督賞、脚色賞、衣装デザイン賞、録音賞などを受賞。主演のベティ・デ...
つづきを読む
誰がために鐘は鳴る
1943年度のアカデミー賞において、各部門にノミネートされたが、受賞したのはカティーナ・パクシヌーの助演女優賞のみだった。アーネスト・ヘミングウェイの...
つづきを読む
マルタの鷹
1941年度のアカデミー作品賞とシドニー・グリーンストリートの助演男優賞並びにジョン・ヒューストンの脚色賞を受賞した作品。私立探偵サム・スペードが活躍...
つづきを読む
ロビンフッドの冒険
1938年度のアカデミー賞において、作曲賞と室内装置賞を受賞した作品。リチャード王が出征した後のイギリスは王の弟ジョン公の支配下におかれ、国民はその悪...
つづきを読む
ノートルダムのせむし男
ノートルダムのせむし男、ヴィクトル・ユーゴーの小説「パリ聖母寺」の映画化であり、過去にも映画化されている作品である。ルイ11世時代のパリのノートルダ...
つづきを読む
オペラの怪人
1943年度のアカデミー撮影賞(W・ハワード・グリーン、ハル・モーア)及び室内装置賞に輝いた作品。1925年ロン・チャニー主演で製作された作品の再映画化。パ...
つづきを読む
第三の男
第三の男。1949年のカンヌ国際映画祭グランプリ獲得や1950年の第23回アカデミー賞においてロバート・クラスカーが撮影賞(白黒)を受賞した映画史上ベストワ...
つづきを読む
モロッコ
マレーネ・ディートリッヒとゲイリー・クーパーという2大スターが共演した作品。映画スターの魅力とは何かを改めて考えさせられる。百万ドルの脚線美と称され...
つづきを読む
肉弾鬼中隊
肉弾鬼中隊「駅馬車」「黄色いリボン」等米国を代表する監督が初めて監督した戦争を題材にした映画だが、単なる活劇映画ではなく、極限状態に追い込まれた人...
つづきを読む