桜井あずさ

飾り窓のある部屋へ通されると、年の頃は40半ばだろうか、気品のある佇まいを感じさせる女が背を向けて座っていた。女は私の存在に気がつくと優しく介抱しな...
つづきを読む